Glossary

用語集

CPM

WEB広告

CPM(Cost Per Mille)とは、オンライン広告の配信コストを評価するための指標で、「千回表示あたりのコスト」と訳されます。具体的には、ある広告が1000回表示(インプレッション)される際に広告主が支払う費用を指します。

CPMの計算式は次の通りです:CPM = (広告費用 ÷ 広告のインプレッション数) × 1000

たとえば、広告費用が1万円で、その広告が5,000回表示された場合、CPMは2,000円(= (10,000 ÷ 5,000) × 1000)となります。

このCPMという指標は、主に広告のブランディング効果を重視する場合に用いられます。具体的には、特定の商品やブランド名を一定数以上の人々に知ってもらいたい場合、広告のクリック数やコンバージョン数よりも広告の表示回数が重視されます。そのような場合、CPMは広告の露出度を測るうえで重要な指標となります。

ただし、CPMの高低だけでは広告の効果を十分に評価することは難しく、CTR(クリックスルーレート)やCVR(コンバージョンレート)など他の指標と組み合わせて広告の効果を分析することが必要となります。

お問い合わせContact

ご相談・ご質問などはフォームより、
お気軽にお問い合わせください。