Twitterのアイコン作成に役立つサイト・アプリを徹底解説 | 福岡のホームページ制作・WEBデザイン制作会社|株式会社TOE

CREATIVE STUDIO
FUKUOKA OFFICE
WATANABEDORI 1-9-3-203
CHUO-KU FUKUOKA JAPAN

TOKYO OFFICE
HIGASHIJYUJO 1-12-7-303
KITAKU TOKYO JAPAN

BLOG

2022年4月29日 | KAKYOUIN HARUMI

Twitterのアイコン作成に役立つサイト・アプリを徹底解説

Twitterを使っている方は、設定しているアイコンをどのように準備しましたか? Twitterを実名で使っている方や、企業の従業員として使っている方は、自分自身の写真をアイコンに登録しているという方もいらっしゃるでしょう。

しかし匿名でTwitterを使っている人にとって、リアルな写真をアイコンに設定するのは少し怖いですよね。そんなときは、Twitterのアイコンを作成できるソフトやサービスを利用しましょう。この記事では、Twitterのアイコン作成に役立つサイト・アプリをご紹介します。

Twitterのアイコン作成のポイント

Twitterのアイコンはプロフィールページや、つぶやきの左上に表示されるものであり、アカウントの所有者のイメージを決める重要な画像です。このTwitterのアイコンを作成する時には、以下のようなポイントを心掛けましょう

画像のサイズは400px×400px

Twitterのアイコンとして設定する画像のサイズは、400px×400pxの正方形が推奨されています。そのためグラフィックソフトなどでアイコンを作成するときは、少なくとも縦横400px以上のデータファイルとして作成を開始しましょう。

画像のデータサイズは最大2MB

Twitterのアイコン画像の最大データサイズは2MBです。画像のサイズが大きいと、データサイズも大きくなりがちなので、その場合は、設定する前に画像サイズとデータサイズの調整が必要です。

ファイル形式はJPEG・GIF・PNGの3種類

Twitterのアイコン画像として設定できるのは、JPEG・GIF・PNGの3種類です。JPEGは色数の多い写真などに適していますが、データサイズは大きめです。GIFは最大で256色しか使えませんが、データサイズは小さくなります。PNGはJPEGやGIFと比べると新しい画像形式であり、画像の一部を透過できるファイル形式です。

Twitterのアイコン作成時の注意点

自由に設定できると思われがちのTwitterのアイコンですが、作成時にはいくつかの注意点があります。

イラストや画像の著作権に注意

Twitterのアイコンに使用するイラストや画像の著作権に注意しましょう。例えば芸能人の顔写真や、ほかのイラストレーターが描いたイラスト、アニメや漫画のキャラクターなどを設定すると、肖像権や著作権を侵害する恐れがあります。

もし自分が作成していない画像や写真をアイコンに設定したければ、インターネット上で公開されているフリー素材サイトや写真サイトの画像を使用するようにしましょう。ただしその場合でも、ビジネス目的での利用に置いて制限が設けられていることがあるため、しっかりと確認するべきです。

顔出しはよく考えてから

Twitterのアイコンに自分自身の顔写真を使っている方がいます。誰が見ているか分からないSNSで、自分自身の顔写真を使うことについては、よく考えた方が良いでしょう。たとえ匿名でTwitterを運用していたとしても、本物の顔写真から個人を特定されてしまうことが十分に考えられるからです。

インターネット上では、顔写真を加工できるツールなどが公開されています。そのようなツールを使って加工した写真を使えば、自分らしいアイコンを使いつつ、Twitter上での匿名性を維持しやすくなるでしょう。

アイコン画像は丸形にトリミングされる

2022年現在、Twitter上で表示されるアイコン画像は丸形にトリミングされるようになっています。作成したアイコン画像が正方形の場合、トリミングされることで表示させたい部分がなくなってしまう可能性があります。

アイコン画像を思うように表示させたい場合は、丸形にトリミングされることを想定しつつ作成するか、初めから丸形に加工してから画像を編集するなどの工夫が必要です。

Twitterのアイコンが作成できるサイト

Twitterのアイコンを自力で作成するのが難しい方は、ブラウザ上で簡単に作成できるWebサイトを活用しましょう。ここではTwitterのアイコンを簡単に作成できるサイトをご紹介します。

かぶりっこメーカー

かぶりっこメーカーは、かぶりものをかぶった女の子のキャラクターを作成できるサイトです。「ずきん」や「くま」などのかぶりものに加えて、髪型や目の形、肌の色などをいくつかのパターンから自由に選択して、お気に入りのアイコン画像として保存できます。

かぶりっこメーカー

https://www.iconpon.com/iconmaker/km/

My Little Icon Maker

My Little Icon Makerはパリ在住のイラストレーターのKanakoさんのイラストを使って、おしゃれな女性のアイコンを作成できるサイトです。パリジェンヌのような個性のあるイラストなので、自分にそっくりなアイコンにするのは難しいかもしれませんが、とにかくおしゃれなアイコンが欲しい方にはおすすめです。作成するにはメールアドレスの登録が必要ですが、登録後はすぐにアイコンの作成を開始できます。

My Little Icon Maker

http://avatars.mylittleparis.jp/avatar/home

Picrew

Picrewは、さまざまなイラストレーターが作成した画像メーカーをまとめているサイトです。作成したイラストレーターによって、全く違ったテイストのアイコン画像を作成できるので、自分の好みの画像メーカーを探すだけでも楽しめます。画像メーカーごとに、加工OKや商用OKなどの条件が異なるため、作ったアイコン画像を使用する前に確認しておきましょう。

Picrew

https://picrew.me/

全自動似顔絵

全自動似顔絵は、自分の姓と名を入力するだけでアイコン画像を作成できるサイトです。全くカスタマイズの余地はありませんが、細かいことを考えずにオリジナルのアイコン画像が欲しい人にとって、非常に手軽に使えるサービスです。

全自動似顔絵

https://crocro.com/auto_nigaoe/

SP-Studio

SP-Studioは、South Parkに登場するキャラクターのようなアイコン画像を作成できるサイトです。髪型や目の形、髭、服装、持ちものなど、カスタマイズの自由度は非常に高く、男性のTwitterアカウント向けのアイコン画像として使いやすい、シュールなデザインに仕上がります。

SP-Studio

https://www.sp-studio.de/

Twitterのアイコンが作成できるアプリ

Twitterのアイコンを作成できるアプリもあります。

iconDecotter

iconDecotter は、Twitterアカウントを認証することで、すでに使用中のアイコン画像をデコれるアプリです。標準でさまざまなデザインのフレームが用意されており、自分のアイコン画像に装飾として追加できます。使っているTwitterアイコンに取り入れるだけで、華やかなアイコン画像に生まれ変わります。

iconDecotterについて

https://icondecotter.jp/

ZEPETO

ZEPETOは、オリジナルアバターを作成して仮想空間で遊べるスマホアプリです。Twitterのアイコンを作成するためのアプリではありませんが、作成できるアバターの自由度がとても高いので、このアプリで作成したアバターをTwitterのアカウントとして使用することもできます。

ZEPETO

https://zepeto.me/

Twitterのアイコンとして使えるフリー素材集

手っ取り早くTwitterのアイコンを使いたい方は、フリー素材のアイコンを活用するのもおすすめです。

twichara

Twicharaは、さまざまなイラストレーターが作成したアイコン画像をまとめているフリー素材サイトです。公開されているアイコン画像の中には、グッズとして商品化されたものがあるなど、とてもクオリティの高いアイコン画像がそろっています。女性向けで可愛らしいアイコンが多いのが特徴です。

Twichara

http://twichara.cioccomoca.com/index.html

てがきちゃん

てがきちゃんは、ゆるふわ系の手書きイラストっぽいアイコン画像が多数掲載されている素材サイトです。商用利用OK・リンク不要・著作者表記不要の条件で使用できるので、企業アカウントのアイコン画像として使えるのも魅力的です。

てがきちゃん

https://tegaki.xyz/

まとめ

TwitterのようなSNSではアイコン画像がそのアカウントのイメ―ジに大きく影響します。せっかくなら自分だけのオリジナルアイコンを作成して、個性のあるアカウントとして運用したいと思う方もいらっしゃるでしょう。この記事で紹介したオリジナルアイコンを作成できるサイトやアプリを活用して、さらにTwitterを楽しみましょう。

お問い合わせ

制作のご相談・お見積もりはお気軽にお問い合わせください

CONTACT
 
ALL BLOG
GEORGE KOJIMA

CEO
CREATIVE DIRECTOR

SHYUNICHI MOTOYAMA

BOARD DIRECTOR
ART DIRECTOR
DESIGNER

ASAMI YONEMARU

DIRECTOR
PRODUCER

KAWADA MIZUKI

DESIGNER

TRAN NGOC KHANH BANG

DESIGNER

MARI SHIBATA

GENERAL AFFAIRS

YASSAN
KAKYOUIN HARUMI
お見積もり ご相談
お問い合わせ