WEBデザインの「多色使い」で失敗しないために

数多くのWEBサイトが存在する今。
「アクセス数を高めること」に加えて、制作時に意識すべきなのが「離脱をさせないこと」です。

WEBサイトは、スクロールして閲覧を進めていくため、ファーストビューから興味を引き続けることが、離脱を回避するために欠かせません。
アクセスしてきたユーザーは、自ら検索してサイトを訪問した方もいれば、偶然サイトに訪れた方もいます。
WEBサイトは不特定多数の訪問者の中から、興味のあるユーザーを発見し、売上につなげていくという特性を持っているため、いかにキャッチできたユーザーに最後までサイトを見てもらえるかというのがポイントでもあります。
サイトの中の離脱率は、確認することができますが、今回は離脱させないための
サイトづくりについて「色の使い方」から見てみたいと思います。

WEBサイトは、ひとスクロールごとに「1コンテンツ」として作られることもあり、
通販サイトなどではそれが進むごとに、購買行動へと誘導しているものになります。
その際に陥ってしまうのが、コンテンツごとの作りこみに気を取られ過ぎて
全体に統一感がなくなってしまうことがあり、その原因となるものの一つに
「多色づかい」が挙げられます。

WEBサイトに関わらず、制作物に取り掛かる際には、メインカラーやテーマカラーを決定してスタートするのが通常です。
そしてそれに加えるカラーがありますが、このカラーの使い方まで細かく決めておくことも欠かせないのです。

イメージカラーやテーマカラーとして採用されるのは
「コーポレートカラー」や商品を想起させるカラーとなります。
「コーポレートカラー」とは、企業などが、理念やミッションを社内外に発信するために取り入れる色のことです。外部に向けてのみならず社内に共通の認識をもたらすためにも活用されています。

そのため公式サイトなどでは、このコーポレートカラーを取り入れるのは王道です。
その点から考えても、サイトを制作していくうえで「多色づかい」などで、カラー訴求がブレてくると、社内外に発信するメッセージも弱くなってしまいます。
それでは、サイト本来の目標である、訪問者の購買行動などのアクションを誘導することが難しくなってしまいます。

多色づかいにも、色々なパターンがあり、赤、青、黄と全く異なる色を使ってしまう場合と
同じ赤の中でも、トーンの異なるものを混ぜてしまう場合などがあります。
そうなると訪問者にとっては、「何のサイトだったのか」「何を売りたいのか」「自分の好きなものだと思ったけど違った?」などの印象をもたらしてしまうこととなり
結果の出ないサイトになってしまいます。

あれもこれも伝えたい、という想いから統一感を失いがちなWEBサイトの一面ですが
多色使いで売り上げを落としてしまうサイトになってしまわないように、
細かく使用カラーを決定し、それを守ることが大切です。
制作メンバーでテーマを共有し、結果の出るサイトづくりを目指しましょう。

  • 投稿者 : 坂口奈保美