成人式の晴れ着に見る伝統デザイン

昨日は全国各地で平成最後の成人式がとりおこなわれたようですね。
新成人の皆様の晴れやかな表情や姿は、毎年フレッシュな気持ちを思い出させてくれます。
報道では、過激な言動の若者にフォーカスされていますが、多くの新成人の方々は責任ある大人への第一歩を踏み出されます。

そんな新成人の女性たちが一番といってもいいくらい楽しみにしているのが「振袖」ではないでしょうか。
早い人では一年近くも前から振袖を準備するという方もいらっしゃるようです。
呉服業界も時代のニーズに合わせて、様々なタイプのデザインの振袖の新作発表を続けていて、人気の洋髪に合わせて洋風デザインの振袖も多くなってきました。
バリエーションが広がる振袖の柄ですが、本来は成人入力なる若者の門出を祝い、柄にも想いが込められていました。

伝統柄の意味を知ろう

伝統的な柄についてみてみると
「吉祥紋」や「草花紋」などがあるようです。
まず縁起物がデザインされる「吉祥紋」には、日本古来の「鶴亀」や「松竹梅」があり、中国由来のものとしては「宝づくし」や「龍」などがあるそうです。
それぞれに、めでたさ、長寿、吉兆などの思いが込められます。

そして「草花紋」には、「牡丹」「桜」「辻が花」などがあります。
その他にも伝統的な柄として「古典柄」などがあり、娘の未来を幸多いものにと願う、親心が込められているのです。

デザインの仕事をしていくうえで、伝統的なデザインを扱うこともあります。
特に「和」をイメージした商品やサイトづくりの際には、和柄を取り入れることも多くなると思います。
最新のデザインだけを学び追求していると、雰囲気だけで和柄デザインを使用してしまうこともあるかもしれませんが、伝統の柄であればあるほど、きちんと意味を理解して使用する必要があります。

企業イメージを左右する和柄の使い方

デザインは、世代を超えて多くのユーザーの目に留まります。
その時に、対象商品や企業が「理解」してデザインに意味を持たせているのかどうかは大きく印象を変えてしまうことになります。
伝統のデザインについては、膨大なレパートリーがあることもあり、一朝一夕に身に着けようとしても大変です。

日ごろから、私たち日本人の伝統文化にも気を配ることで、デザインに込められるメッセージや歴史などをコツコツと覚えていくことができます。

日本の伝統柄を学ぶ

2020年には東京オリンピックが控えています。
日本の良さや美しさを世界に発信する機会にもなるでしょう。和柄を取り入れたデザインへのニーズも高まるかもしれません。
その時になって焦ることのないように、新元号となる2019年は、改めて日本のことについて学んでみる良い機会になるかもしれませんね。

  • 投稿者 : 坂口奈保美