イモトさんの安室ちゃん愛に感動!SNSで拡散されるカギは?

99e09145929a81ee294f59fdbec9afff_s

夢は叶う

先日テレビで放送された
安室ちゃんとイモトさんの対談!
特に大ファンというわけではありませんが感動しました〜。

ネットなどでもかなり話題になっているようです。

お2人とも、夢に向かって、大変な苦労を沢山乗り越えながら今があるんだと思いますが
そんな方からの
「決めたことは、ブレずにやり遂げる」
とか
「夢は叶う」
という言葉はホントに響きました。

なにより
イモトさんのファンとしての礼儀正しさや、他のファンへの気遣いが素敵でしたね!
きっとそんな所もネットで賞賛されるポイントなんでしょうね。

ネットでの拡散は無視できない戦略

さてさてネットでの話題といえば
今、SNSを活用してたくさんの方が日々のワンシーンをアップしています。

そしてそれは「映え」たものではならないと。。

つまり、アピールしたいものを全力で演出して「いいね」や「シェア」などのアクションにつなげようとしているのです。

その心理をくすぐるように、観光地やショップなどでは
「SNS映えスポット」として
大きな天使の羽を壁面に描いたりして、集客につなげている所もあります。

このような熱意こそ
WEBデザインや広告デザインに求められていることだと言えそうです。

商品やサービスの一つ一つにトコトン向き合って
これ以上ナイ!というレベルで、よりよく見せる演出を考えていくのです。

ニーズがある消費者の信頼や納得を得るのはモチロンのこと
潜在的な消費者に印象付けたり、興味を持ってもらえるような
デザインを作り込んでいくことで
商品やサービスをベストな演出で、魅せていくことができるのです。

全体の雰囲気統一は徹底的に

そのために必要なものはなんなのか。

色使い
全体トーン
背景写真
キャッチコピー
ボリューム感
レイアウト

など
キメ細かくチェックしてみるという作業を積み重ねた先に
その答えは見えてくるのかもしれませんね。

今回は全体トーンについて考えてみました。

わかりやすく言えば、雰囲気です。

これは、どの消費者をターゲットにするかなどによって決まってくるでしょう。
年齢
性別
独身
ファミリー
健康
美容
など、いくつかの項目を複合的に組合せながら雰囲気を決定します。

例えば、女性向けの繊細なジュエリーを売り込む際に、男性的な無骨な雰囲気は選びませんよね。
デザイン制作の際には、そのような雰囲気をイメージして作ることは意識していると思うのですが
特に長かったり、ページ数の多いサイトになると、 所々でデザインに「ブレ」が生じてしまうことがあるのです。
ほんの少し混じってくるだけでイメージは脆く壊れてしまうことがあります。

安室ちゃんも言っていましたが「ブレないこと」って本当に大切なんです。

ブレのない統一感のある「全体トーン」を整えて反応のあるデザインを仕上げていきましょう。

  • 投稿者 : 坂口奈保美