SNSアカウント SNSアカウント

ブログ

BLOG

アイコン

2018年4月27日 | TOE

行楽シーズンのネット検索に勝つためには?

観光地のネット検索は当たりまえ

ゴールデンウィーク真っただ中です。
どこに遊びに行こうかと早目に計画を立てていた方もたくさんいらっしゃることと思います。
交通手段や、ホテル、観光地の検索をパソコンやスマホでネット検索するのは
今や当たりまえです。
そんな今のご時世ですから、行楽シーズンの観光業、旅行業者、飲食業のWEB戦略というのは欠かせないものになっていますよね。
ネット上で目立つ広告デザイン
インパクトのあるキャッチコピー
WEB広告戦略
など各企業とも日々、情報収集や対策をされています。

WEBサイトやWEB広告でまず消費者の目に飛び込んでくるのは
トップ部分のデザインになります。
スクロールしなくても目に止まるいわゆる「ファーストビュー」と呼ばれ部分です。

ファーストビューのデザインを大切に

このファーストビューのデザインの仕上がりによって
それ以降の情報を閲覧してもらえるのかどうかがかかってくるなど
最も力を入れるべき部分でもあります。

ターゲットは誰なのか
企業としての独自性は伝わっているか
消費者にとってのメリットが明確か
消費者の印象に残るインパクトはあるか

など、デザイン制作に期待される要素もたくさんあります。

例えば、ゴールデンウィークのための集客を目指すサイトを制作する場合には
ターゲットを
ファミリー層にするのか、女子旅にするのか、シニア層にするのかでも
雰囲気やサービス表示の訴求が大分変わってきます。

具体的には
文字スタイル

イメージ写真
レイアウト

などです。

デザインの戦略にはある程度フォーマット的な定番スタイルというものもありますが
他社との差別化が明確であることも大切です。

奇抜過ぎてもダメで、目立たな過ぎてもダメ。
その絶妙なバランス感こそ、企業の戦略にもなるのですが
デザイナーへの希望出しとそこに対応するデザイン力など、どれだけデザイン担当者とのパートナーシップを上手くとっていくということも戦略の一つになるかもしれません。

イメージ・キャッチコピー・アイコン

WEBデザインのファーストビューで大半を占めるのが
イメージフォトとキャッチコピー。

細かい文章は読まれないのがファーストビューでもあります。
伝えたいことをどの程度伝えきれるのかというのもデザイン次第ということでもあります。
そのため良く使われる手法としてアイコンのレイアウトがあります。

おトク感
売れている感
ターゲット年齢
効果イメージ
自社のメリット
などを伝えるアイコンはよく見ることがあると思います。

「売上NO.1」
「リピート率90%」
「40代からの」
などのデータ系の表示だったり、割引率だったり、旅行業界では金額やツアーのイメージだったりするものです。

イメージフォト
キャッチコピー
アイコン

まずはこの3要素を見直してみてはいかがでしょうか。

チケット、観光スポット探し、ホテル探し、グルメ情報、地図など
検索が盛んになるゴールデンウィーク。
休日を楽しみながら、普段見る機会のない旅先での魅力的なデザインに注目してみるのもいいかもしれませんね。

 
ALL BLOG
GEORGE KOJIMA

CEO
CREATIVE DIRECTOR

SHYUNICHI MOTOYAMA

BOARD DIRECTOR
ART DIRECTOR
DESIGNER

ASAMI YONEMARU

DIRECTOR
PRODUCER

KAWADA MIZUKI

DESIGNER

TRAN NGOC KHANH BANG

DESIGNER

MARI SHIBATA

GENERAL AFFAIRS

YASSAN
KAKYOUIN HARUMI

お問い合わせ

ご相談・ご質問などはフォームより、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム