CREATIVE STUDIO
FUKUOKA OFFICE
WATANABEDORI 1-9-3-203
CHUO-KU FUKUOKA JAPAN

TOKYO OFFICE
HIGASHIJYUJO 1-12-7-303
KITAKU TOKYO JAPAN

BLOG

2020年12月19日 | GEORGE KOJIMA

空間ができると心に余裕ができる件

先日宮崎にサーフィンをしに行った時のことだ。

宮崎に到着し、海を見渡すと、すでに何人かサーファーが入っていた。

僕もはやる気持ちを抑え海に入った。

しかし、なんかいつも入っているポイントと雰囲気が違う。

場所が違うから当然なんだが、なんと表現したらいいのか、何か穏やかな雰囲気が漂っている。

ローカルの人らしき波まちしているサーファーと目が合うと、みんな積極的に笑顔で挨拶をしてくれる。

大抵、地元でも稀にそうだが、特に混んでるポイントでは、みんな結構ギスギスしていたりする。

たまに怒号が飛び交うことも目にする。

僕の経験上、基本サーファーに悪い人はいないが、とにかく雰囲気の違いを感じた。

で、何が原因かを考えた。

大抵の関東のエリアでは、人も多い分、サーフィンできる場所も限られる。サーファー同士も密になり、人との距離が、数十cmだったりもする。

一方、宮崎は人も少ない上、場所もふんだんにある。

故に、人と人の距離が離れている。

つまり、逆に距離感の近さが緊張感を生むと言える。

いわゆるパーソナルスペースとも言われるが、僕もよく福岡と東京を行ったり来たりしているが、東京の都心部に行くと、その距離はより近くなる。

よく地方の人は「東京の人は薄情だ」と言ってるのを聞く。

実際そういうことはないのだが、街を歩くとそう思う気持ちはわかる。

普通に考えるとそんなに距離が近いと、もっと親密になりそうだが、実際はその逆なのだ。

これは近すぎるが故の、パーソナルスペースを維持しようとするが、すでに片足突っ込んできている隣人に対し、無関心になるという自己防衛なのだと考える。

昔、僕は6畳のワンルームの狭い部屋に住んでいた。

ある時、これは自分への投資と考え、思い切って家賃が2倍近くする広い2LDKに引っ越してみた。

結果この試みは成功だった。

その理由は二つあり、一つは散らからないということだ。

基本僕の部屋は汚い。

そりゃワンルームの時はヒドかった。

しかし引っ越して、なんなら築年数も古く、物の量はむしろ増えたのに、ワンルームの時と比べ、部屋がキレイになった。

厳密にいうと散らかり具合は変わってないのに、単純にスペースが広くなった分、散らかり具合が「薄まった」と言ったほうが正しいが、それでも部屋がいつもキレイだと感じていた。

もう一つは、気持ちに余裕ができた。

部屋がキレイと感じるからというのもあるが、心境に明らかな違いを認識できた。

このことからも空間の広さは、精神的な余裕とリンクしていると思われる。

昔、確か糸井重里が言っていたが、「スペースがあるから入ってくる」という言葉を聞いて、それを思い出した。

逆に物理的にも、精神的にもスペースを開けておかないと、新たなものが入ってこないし、受け入れきれないということだ。

都市は、様々な情報も集まるし、選択肢も多く、非常に便利で自由のように見える。

しかし、人はどこも多いし、土地の関係上住むスペースも限られる。

そこに住んでると見えないが、離れて見ると実は自由なようで、不自由なのだ。

ユダヤ人の教えに、いろいろケチれ、でも住む場所だけはケチるなという教えがある。

その真意を宮崎で再認識した1日だった。

リモートワークが叫ばれる今、僕たちはもっと物理的空間と精神的空間について、もう一度考え直さないと行けないのかもしれない。

お問い合わせ

制作のご相談・お見積もりはお気軽にお問い合わせください

CONTACT
 
ALL BLOG
GEORGE KOJIMA

CEO
CREATIVE DIRECTOR

SHYUNICHI MOTOYAMA

BOARD DIRECTOR
ART DIRECTOR
DESIGNER

ASAMI YONEMARU

DIRECTOR
PRODUCER

KAWADA MIZUKI

DESIGNER

MARI SHIBATA

GENERAL AFFAIRS

YASSAN
KAKYOUIN HARUMI
お見積もり ご相談
お問い合わせ