SNSアカウント SNSアカウント

ブログ

BLOG

アイコン

2018年7月9日 | TOE

動く広告デザイン。取り入れるべき⁈

最近SNSで頻繁にアップされている動画タイプの広告のサムネイル。

スキンケアをする女性
ダイエットのビフォーアフター
キラキラと背景が動く
複数枚の写真が動く

など、動画(アニメーション)を取り入れた広告デザインが増えています。

人気のワケとしては

手軽に動画がつくれる
SNS内での広告掲載で目立たせたい
コピーがなくてもある程度伝わる
イメージを端的に伝えやすい

などがあるのではないでしょうか?

確かに
コピーで説明をしようとすれば
ある程度の文字数は要してしまい、興味がある人にしか読んでもらえないというデメリットがあり、
ビジュアルでしかも短時間の動画を活用することでそれが解消されます。

しかも、アクセスしてきたユーザーの興味を引きやすいため、
視聴時間を伸ばして情報を多く伝えることもできます。

アプリの充実とともにこれからも需要が高まっていきそうです。

ただ、活用するにもニーズに合ったものをタイミングよく使う必要があります。

スマホなどでの閲覧するユーザーを意識しているためか
一般ユーザーが作ったような雰囲気や、仕上がり感になっているものも多く

高級感を重視する商品やサービス
価格の高い商品
シニア層をターゲットにした商品やサービス
流行に関係なくロングランで売る商品

などには
ちょっと不向きかもしれませんね。。

そのような商品やサービスの場合には
内容が充実し、信頼感のある公式サイトを持った上で
ブロガーや、各ジャンルに詳しいユーザーの口コミ的な雰囲気を
演出してみると
既存顧客のターゲットとは異なる層のユーザーの目に留まり
チャンスにつながる。。
という可能性はあるかもしれません。

動と静のバランスや、メリット、デメリットを理解して
販路拡大、売り上げアップに活用できるように分析をしっかりしてみる必要がありそうです。

もし、動画を含んだWEBデザインを取り入れたいと思った時は
今の時流に乗れるよう
できるだけ早めのスタートをしていきたいですね。

 
ALL BLOG
GEORGE KOJIMA

CEO
CREATIVE DIRECTOR

SHYUNICHI MOTOYAMA

BOARD DIRECTOR
ART DIRECTOR
DESIGNER

ASAMI YONEMARU

DIRECTOR
PRODUCER

KAWADA MIZUKI

DESIGNER

TRAN NGOC KHANH BANG

DESIGNER

MARI SHIBATA

GENERAL AFFAIRS

YASSAN
KAKYOUIN HARUMI

お問い合わせ

ご相談・ご質問などはフォームより、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム