SNSアカウント SNSアカウント

ブログ

BLOG

アイコン

2022年1月31日 | GEORGE KOJIMA

個人的に超イケてると思うアート7選

最近、何かアートが好きになってきた、小嶋譲司です。

前はどっちかと言うとアートをむしろ毛嫌いしていた。

本来価値のないものに、無理矢理価値をつけようとしているところが嫌だった。

しかし、今は一周回ってアートの魅力にハマってしった。

前は、大枚を叩いてアートを買う人の気持ちが分からんが、今は先日宇宙に行った前澤さんが、バスキアの絵を123億円で買った気持ちもいろんな意味でわかる気がする。

(上の写真:前澤氏が買った絵バスキア「Untitled」)

そんなアート初心者の僕が、超個人的にカッコイイと思うアートをご紹介します。

1.RETNA(レトナ)

マジで彼の作品見た時は、初めて「これ欲しい!」と思ったほど、今一番お気に入りのアーティスト。

絵画というよりは古代文字のような、でも文字ではなく音楽から得るインスピレーションでただ描くらしい。

全体的なアートの潮流として、グラフィックデザインとアートの境界が曖昧になりつつある。

出店 wynwoodwalls https://thewynwoodwalls.com/walls/retna
出典 MADOX GALLERY

2.愛☆まどんな

いや、良いです!

アートよりのアニメて感じかな。

村上隆以来、サブカルとアートのミックスみたいな流れがありますが、ちなみに僕は全然アニオタではないですが、その中でも結構これ好き。

愛☆まどんな https://aimadonna.com
愛☆まどんな https://aimadonna.com

3.DOLK(ドルク)

バンクシーは有名すぎるので、ここでは紹介はしないが、こっち系のストリートグラフィティは、今アート業界でも人気らしいが、このDOLKもバンクシー便乗系で、人気上昇中らしい。

バンクシー同様、オススメかと言われるとそこまでないが、普通にかっこいいとは思う。

4.名和晃平

最初に彼の作品を青森の十和田美術館でPixCell-Deer#52を見た時は30分ぐらい見入ってしまった。

絵画ではなく、オブジェのアーティストみたいだが、この作品は剥製に丸い水晶みたいなものをランダムにくっつけてあり、親戚の家にあった鹿の剥製とは大違いで、全体的に泡のように見え、死を幻想的で美しく表現しているように見えるが、近づいてみると、逆に水晶のランダムさが、実は結構気持ち悪かったりもして、生々しさも感じた。

そう言ういろんな意味でも、オブジェとしても素敵なので、会社に一個置いときたいと思ったが、これだけで、従業員1名分のスペースはとられるので、うちの狭いオフィスには置けないと思い断念した。

6.Kyne(キネ)

こちらもただ今人気急上昇中、我らが地元福岡が誇るアーティスト「KYNE(キネ)」。

どこかうつろ、というか不安げな眼差しについ惹きつけられる。

先日のオークションで、予想価格の10倍の値段がついたことで、話題となった。

今後もさらにその価値は上がりそう。

同じ福岡ということで、今後も応援したい。

出典 KYNE
出典 KYNE

7.Damien Hirst (ダミアン・ハースト)

今世界で一番稼いでるアーティスト。

動物を切断して、それをホルマリン漬けにしたものをアートとして発表し、一躍有名になったアーティスト。

最初見た時は衝撃だった。

同時になぜかカッコいいと思ってしまった。

死体処理場で働いてたらしく、その経験がアート活動に生かされているようだ。

オブジェ以外にも、絵も描いているが、一貫して死を感じさせるように思える。

当初は物議を醸したようだが、それで知名度を爆上げしたのも確かだ。

これを超えるインパクトをやるなら、ある意味物議を醸すことがアーティストの使命だとすると、次は人間を切断したホルマリン漬けしかないだろう。

出典 https://alchetron.com/Damien-Hirst
出典 https://alchetron.com/Damien-Hirst
出典 https://alchetron.com/Damien-Hirst

 
ALL BLOG
GEORGE KOJIMA

CEO
CREATIVE DIRECTOR

SHYUNICHI MOTOYAMA

BOARD DIRECTOR
ART DIRECTOR
DESIGNER

ASAMI YONEMARU

DIRECTOR
PRODUCER

KAWADA MIZUKI

DESIGNER

TRAN NGOC KHANH BANG

DESIGNER

MARI SHIBATA

GENERAL AFFAIRS

YASSAN
KAKYOUIN HARUMI

お問い合わせ

ご相談・ご質問などはフォームより、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム