SNSアカウント SNSアカウント

ブログ

BLOG

アイコン

2018年1月9日 | KAKYOUIN HARUMI

ブランドイメージをひっくり返して売上を上げる!?

白いコーラは売れるのか?

「白いコーラ」
「黒いマスク」
「透明な紅茶」
最近、売り出されて注目を集めている商品です。

消費者に定着させたイメージを敢えて覆した戦略とも言えます。

CMでは、
「ファイト!一発!」が変わったと話題の「リポビタンD」なども
そんな戦略の一つと言えるかもしれませんね。

ブランディングや広告において、イメージを統一化して
消費者に強い印象を残すことが重要であることは定石です。

コーラなどは、世界中で「黒い飲み物」として定着していましたよね。
それが、透明なのにコーラの味がする「白いコーラ」で攻めてきているのです。
ついつい一度は手を伸ばしてしまう消費者は多くいると思います。
さらに「インスタ映え」という追い風もあって一時的に売上は確保できるのでしょう。
「透明な紅茶」も同じことが言えます。

また、これからの季節目にすることが増えてくる「マスク」。
マスクと言えば「白」ですよね。
「黒いマスク」なんて、馴染みもないし、ちょっと怖い印象さえあります。
でも、今では「オシャレ」な黒いマスクになっています。
芸能人やモデルが愛用していることで、イメージも変わったんでしょうね。

これらのように、せっかく時間をかけて定着させてきたブランドイメージを
ガラッと一転させて、話題と売上を取りにいく戦略があります。

ひっくり返して勝つ広告戦略とは

この戦略で勝ちに行くためには、
ブランドイメージが「定着」していること
「爆発的に」最大瞬間風速で勝負する体力
広告に戦略があること
が必要になります。

「コーラが黒い飲み物」ということが定着していなければ
白やピンクのコーラが発売されたとしても、話題にはなりませんから…。

自社商品のブランドイメージの定着率を高めることによって

次なる戦略の幅を広げ、とがった戦略が打てる

そして、新規顧客の獲得や通常売上に上乗せができるということです。

どのイメージが定着しやすいのかという、テストは必要ですが
消費者の視覚や記憶にどんな商品イメージを届けるのかを「統一化」し
広告ツールや、販売形態を決めて営業戦略を強めていきたいものです。
イメージの定着にはある程度の時間はかかります。
でもなにが起爆剤になるかは、わかりません。

誰にメッセージを届ければ、広がるのか、広報担当としては日々頭を悩ませることでしょう。
でも
そうやって築き上げたブランドイメージを一転させることで
売上がアップする日のためにも、消費者の好奇心をくすぐり、印象に残るブランド統一化への努力を重ねていきたいものですね。

 
ALL BLOG
GEORGE KOJIMA

CEO
CREATIVE DIRECTOR

SHYUNICHI MOTOYAMA

BOARD DIRECTOR
ART DIRECTOR
DESIGNER

ASAMI YONEMARU

DIRECTOR
PRODUCER

KAWADA MIZUKI

DESIGNER

TRAN NGOC KHANH BANG

DESIGNER

MARI SHIBATA

GENERAL AFFAIRS

YASSAN
KAKYOUIN HARUMI

お問い合わせ

ご相談・ご質問などはフォームより、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム