SNSアカウント SNSアカウント

ブログ

BLOG

アイコン

2018年3月6日 | KAKYOUIN HARUMI

カーむすブームと爆買いブームは似てる!

終わりましたね。
ピョンチャンオリンピック。

こういった、日本中がそして多くのメディアが注目する大会やイベントがあると・・・

なにかしら、メディアが目をつけ話題になることってありますよね

今回のオリンピックで言えば
勿論、アスリートたちのメダル獲得などもありますが

「カーむす」
「おやつタイム」
「もぐもぐタイム」
「そだねー」
は注目でしたね。

カーリングという、普段馴染みのないスポーツ。
笑顔が素敵な選手たち。
そして車座になって食べるおやつ。

試合中におやつタイムがあるんですね。
他のスポーツでも途中で何かを食べることはありますが
「おやつ」と言わせてしまうのは、あの選手たちの雰囲気もあるんでしょうか?

イチゴやリンゴ、そして「赤いサイロ」

「赤いサイロ」は北海道の銘菓で、しっとりおいしいチーズケーキなんだとか。

その映像が流れるや否や、東京の北海道アンテナショップでも売り切れるほど。

こういった、爆発的なブームは、
企業にとって千載一遇のチャンスです。
それを見越して、スポンサーになったりすることはありますが、
「赤いサイロ」は突然のできごとだったでしょうね。
今では、品切れが続いて、生産を増やしても追い付かないとか。

カーむす達が、広告塔になり、即売り上げにつながるという
最高の販促です。

起爆剤をどうやって、継続的に売上につなげていけるかどうか

それが、マーケティングだったり、広告戦略だったりにかかってきます。

数年前から続く、外国人観光客による「爆買い」。
少し落ち着いた感はあるものの、各企業は、爆買いによる売上高を想定して
売上計画を立てるようになっているのではないでしょうか?
銀座の老舗デパートが外国人観光客を意識したフロア改装をしたり
家電量販店に中国語ができるスタッフが増えたり
経費を投じてまで売上に期待がかかっています。

「赤いサイロ」が、今後どんな戦略を立てるのか
そこまでの期待をかけるのかはわかりません。

それでも、ある意味「想定外」の嬉しい「売上のモト」が発生することは
最高の広告効果です。

メディアが注目する前に、そんな仕掛けを考えている企業も数多くあります。
もしくは、メディアを味方につけて・・・?

いつまで続くのか、カーむす人気。
そして次はどんな商品が、話題をさらっていくんでしょうか?
気にしていってみたいと思います。
自分発信でそんな、ブーム商品を誕生させられたら、面白いなと思いながら・・・。

 
ALL BLOG
GEORGE KOJIMA

CEO
CREATIVE DIRECTOR

SHYUNICHI MOTOYAMA

BOARD DIRECTOR
ART DIRECTOR
DESIGNER

ASAMI YONEMARU

DIRECTOR
PRODUCER

KAWADA MIZUKI

DESIGNER

TRAN NGOC KHANH BANG

DESIGNER

MARI SHIBATA

GENERAL AFFAIRS

YASSAN
KAKYOUIN HARUMI

お問い合わせ

ご相談・ご質問などはフォームより、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム