SNSアカウント SNSアカウント

ブログ

BLOG

アイコン

2018年3月21日 | KAKYOUIN HARUMI

アサイン、アカウント、ニペ??

”伝える”がミッションの広告

多くの人に情報を「伝える」ことがミッションの広告業界。
その打合わせ現場は
とにかく普通には伝わらない専門用語にあふれていることに
中々の衝撃を受ける日々です…(^^;

「リスケして連絡します」
「リソースをアサインした」
「コンバージョンポイントはどこにしますか」
など、一般的に企業で使われる場合もあると思いますが
知らないと打合わせで、置いて行かれてしまいます。
ホントに・・・

ちなみに
「スケジュールを組みなおして連絡します」
「担当してくれる人材を、割り当てた」
「サイトを訪問した人が、なんらかのアクションを起こすしかけをどこに配置しますか」
という意味なのですが。

主に英語が分かれば大体想像がつくのかもしれませんね。

日本語?外国語?

ではこれはどうでしょう?
「それてソウバナ的な話ですよね」
「追加するのはヨンペにしますかジュウニペにしますか」

英語などの外国語だと思って想像しながら聞いていると引っかかってしまいます。
それは
「ソウバナ」・・・「総合的な話」
「ヨンペ」・・・4ページ
「ジュウニペ」・・・12ページ
という日本語だからです。

どうしてたった「ージ」だけを省略するんでしょうね(笑)気になってしょうがないんですが。
きっと、スピード勝負の業界だからではないでしょうか。違うのかもしれませんが。

すべての会議や打合わせがどんな状況で行われているのかはわかりませんが
とにもかくにも
ビジネス上の用語はもちろん、業界の専門用語をしっかりと理解しているのは
必須条件ですね。

こだわる時はトコトン

そんな、伝わらない言葉にあふれ、時短用語(?)で進んでいく広告業界の打合わせですが、
こだわるときのトコトン具合は物凄いものがあります。

傍から見ればもうそろそろ、結論出してもいいんじゃないかと思える時でも
譲らず、止まらず。

どんなビジネスでも、社運をかけて全力で物事は進んでいきますが
特に各企業の商品やサービスを、宣伝することをミッションとする
広告関係者の姿は、個性的で、独自の視点が必要とされるものだと痛感する日々です。

業界ワードにも、旬や流行りがあるようです。
まあ、しゃべってる人の中での旬かもしれませんが。
次はどんなワードが多く使われるのか楽しみにしつつ、勉強していきたいと思ってます。

 
ALL BLOG
GEORGE KOJIMA

CEO
CREATIVE DIRECTOR

SHYUNICHI MOTOYAMA

BOARD DIRECTOR
ART DIRECTOR
DESIGNER

ASAMI YONEMARU

DIRECTOR
PRODUCER

KAWADA MIZUKI

DESIGNER

TRAN NGOC KHANH BANG

DESIGNER

MARI SHIBATA

GENERAL AFFAIRS

YASSAN
KAKYOUIN HARUMI

お問い合わせ

ご相談・ご質問などはフォームより、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム